白衣高血圧

白衣高血圧の考え方

白衣高血圧とは何か?

「白衣高血圧」ときいて、すぐに何のことかわかるひとはそう多くはありません。白衣高血圧とは、「医師などを前にしたときだけ、急に血圧があがる」という症状のことです。(他にも、「ホワイトカラー症候群」と呼ばれたり、「白衣症候群」と呼ばれたりもします)
これは、医師などを前にし、極度に緊張するからで、精神的な動きによる高血圧症状ともいえます。逆に、「少しでもいい結果を」と望むあまりに、普段は高血圧であっても、検査のときだけ血圧が下がる「仮面高血圧」という症状もあります。
この白衣高血圧は、今まで「ただ単に緊張しているからだ」という「精神的な問題」として片付けられることが多く、どうしても軽んじられてきた歴史があります。

白衣高血圧の治療方法は?

しかしながら、一時的にせよ血圧があがるため、白衣高血圧ではないひとよりも、血管に対する負担が大きいのは事実です。これらの解消方法として、「家ではかる」「なれてきた病院ではかる」という方法が提示されてきましたが、白衣高血圧の場合、他の状況下であってもストレスによる高血圧を起こしやすく、基本的な解決にはなっていない、とする声もありました。
そのため今では、下圧剤による治療なども行われるようになりました。生活改善もある程度必要とされています。しかしこの認識も、医師による差が大きく、まだまだ解決までには時間がかかるというのが現状ではあります。